本格推薦介紹:136先生怪談朗讀 - 縱橫日本怪談朗讀界16年的男人【日中対応】

引言

   不知道大家喜歡聽故事嗎?特別是那些恐怖的、不可思議的故事。
  前些日子,由日本夜行列車老師所著,在台灣、韓國網路上大人氣的,「篠宮神社系列」怪談,在台灣首度書籍化了,出版社節選了部分內文,並搭配上了136先生的朗讀,公開了一段宣傳PV。

前書き

 皆さん、ストーリーを聴くのが好きでしょうか。特に怖い話とか不思議な話とか。
 この前、台湾も韓国も大人気のネット怪談「篠宮神社シリーズ」(夜行列車 作)は台湾にて書籍化されました。そして、出版社より、冒頭部分と136さんの朗読を合わせてpv動画を作っていた。
(影片引用自知翎文化出版社的官方臉書連結)
(この動画は出版社知翎文化さんのFacebookページより埋め込みリンクで引用しました。)

  在本站前幾篇的介紹中,或多或少也都有提及到的136先生,今天就趁此機會向大家介紹這位個人喜歡的朗讀家吧!另外,對於日本語學習有興趣的朋友,也不妨可以參考一下本篇文章喔。

 136さんは自分もかなり好きな朗読者さんです。前の記事で何度も言い及んでましたが、いっそ、このきっかげに皆さんに紹介しようと思ってます。ちなみに、日本語勉強に興味を持つ方も是非読んでみてください。

橫走怪談朗讀界16年,興趣使然的朗讀家-136先生

136先生 (イサムさん;IsAM0136;讀音:isamu-san)

趣味で語り続けてつい16年目に突入する
怪談朗読界のトップ-136さん

136さん (IsAM0136;読み方:イサムさん)

  • 男,日本神奈川縣在住,普通的上班族,興趣是遊戲、怪談朗讀。
  • 大學時代的136先生於FC2 ねとじら開始怪談朗讀,其後曾轉於Niconico平台,終於2015年Youtube頻道「怖い話 怪談 朗読」開設,並逐漸將活動逐漸轉移至現址。
  • 原本是遊戲實況之餘朗讀,隨著聽眾增加,不知不覺怪談朗讀便成了主要活動項目。
  • 解鎖成就

 

  • 男,日本神奈川県に在住、普通のサラリーマン、趣味はゲーム、怪談朗読。
  • 大学時代からFC2 ねとじらにて活動始まり,その後、一度Niconicoで活動します。2015年現在のYoutubeチャンネル「怖い話 怪談 朗読」が開設、ここに段々と移籍しました。
  • 元々ゲーム実況をやったり、時々怪談を話したりするだったそうです。案外といい反響で、朗読を聴くに来る観客はどんどんと増えてきて、いつか朗読はメインになりました。
  • 成就:
    • 2020年広島県三次市にてリアル怪談朗読会を行いました。
    • 朗読し続けて15周年、16年目に突入中。
    • 朗読話数6,000話以上,現存最大の怪談集散地の一つ。
    • 竹書房怪談文庫より開催された怪談最恐戦2021朗読部門グランプリ受賞。
    • Youtube総再生数111,000,000回突破!
    • Youtubeチャンネル登録者数100,000人突破〔銀盾〕
    • Youtube生配信スパチャ額世界ランキング40位內達成。

136先生朗讀的魅力

136さんの朗読魅力

  • 相當早期是以播報員的口吻、偏快的語速朗讀,近幾年則可見到許多朗讀演技上下了許多功夫:
  • 從文章遣詞中,快速、準確地掌握角色的性別、年齡,調整口吻
  • 控制斷句的間隔,注意語調細微的抑揚頓挫,維持自然、穩定的朗讀節奏,縱使不像聲優具有改變聲線的能力,卻能從這些細節中,令自然而然辨別現在講話的角色,而且不容易聽膩。就聲音的演譯方式,比起朗讀,似乎較接近落語的表現。
  • 對於原作的恐怖之處,亦或者想強調的氛圍,有充分的理解,並配合演技,呈現聲音特有的表現張力。
  • 引用136先生在”怪談最恐戦2021獲獎作發表節目(「怪談最恐戦2021」朗読部門の受賞作発表特別番組)中的說法:「要注意的是,在朗讀時總是把『希望讓聆聽者能夠想像故事的情景』掛記於心。在意節奏、間隔、呼吸感,在不對耳朵施加奇怪的壓力下朗讀。」(注意したところは、朗読時常に心がけてますが「聴いてるいる方がその情景をイメージ出来るように」テンポや間、呼吸感を意識して、耳に変なストレスをかけないように読むようにしています)
  • 綜合上述,與原本沉穩的聲音特質相得益彰,並予以聽眾格外的親近感,或許正因如此,才有部分聽眾表示:自己習慣睡前聽136先生的朗讀,對他們來說甚至有助於睡眠導入,另有一些漫畫/插畫家表示在長時間作業時,習慣聽136先生的朗讀,意外地有放鬆的感覺。某種意義上也算是個怪談。
  • 「初見一発読み」:自己不會先讀完文章在唸,而是憑藉著卓越的速讀能力,即時朗讀,令自己也能享受讀故事的樂趣,並維持能持續朗讀16年的心靈健康,雖然直播或部分早期的作品,可能會稍微不小心吃螺絲,但不致影響整體聆聽品質,反而有點更接近現實談吐(笑)
  • 不過,Youtube時期開始的錄音作品,在錄音過程中,會針對這些部分修正重錄,以帶給聽眾更好的聆聽體驗。
  • 以上,頂多是概述自己不專業的感想,若想深入了解136先生對於朗讀、怪談的想法、如何作品的製作流程之類的,可以從頻道會員專屬影片,或者136先生的個人記事板觀看喔。
  • かなり早期の作品は早口でアナウンサーの口調が多かったかもしれませんけれど、月日は移って、現在の作品では語調も演技力も物凄く上がってきます。以下、自分が思う136さんの魅力的なとこを概要で話します。
  • 早くて正しく言葉からキャラクターの性別や年齢などの設定を想定し把握し、語調を調整します。
  • 余白、声の大きさ、呼吸感などを念入りに調整し、より自然に穏やかな気持ちいいテンポが出来てます。声優さんみたいに声質(?)まで変えるわけじゃないけれども、観客はこんな繊細な変化でキャラクターを自然に区別できるようになります。しかも飽きません。声の表現手段について、朗読より落語のほうに似てるかもしれないと思ってます。
  • 原作の怖さ、雰囲気を十分に理解し、時々技を合わせてより劇的な迫力が出来てます
  • 「注意したところは、朗読時常に心がけてますが「聴いてるいる方がその情景をイメージ出来るように」テンポや間、呼吸感を意識して、耳に変なストレスをかけないように読むようにしています」-136さん(「怪談最恐戦2021」朗読部門の受賞作発表特別番組にて)
  • 上記、元々穏やかな音質と合わせて、聴いてる方に親近感を与えると思います。だからこそ、睡眠導入剤の代わりに聴いてるという声もよく聞いてます。また、長時間作業が必要とする漫画家やイラストレーターさんからも「作業中に136さんの朗読を聞けば,案外とリラックスする、より効率的になります」とよく喋ってます。怖いなのに、ある意味上の怪談かもしれません。
  • 「初見一発読み」自分も聴いてる者たちと一緒に物語を楽しむことができるように、凄い速読力で初見一発読みます。それで15年経っても飽きなく怪談を読み続けてます。生配信もしくは早期の作品でちょっとカミカミがありますけれど、全体的に影響を与えることはなく、逆に親近感が溢れるじゃないかと思われますw
  • でも、いまの録音作品では、そこについて色々な調整をして読み直しつづということで、より完璧に近く素敵な作品が出来てます。
  • 以上、あくまでも自分の浅見でありますが、怪談や朗読について136さんはどういう考えを持ちますか。または朗読の流れを詳しく知りたい方なら、是非メンバーシップにお入りください、もしくは136さん本人の記事を見てください。

頻道目前的活動模式

  • Youtube主要有錄音作品線上直播兩種方式。
  • 錄音作品:
    • 早先會將過去在其他平台的直播聲音檔案做剪輯上傳,依系列、長度做清單分類。
    • 現在幾乎每周136先生都會錄製1至不等的作品,由彼岸先生處理並上傳,不一定錄完就馬上傳喔!
    • 在網站「特選怖い話」有136先生的錄音作品特區「録音ファイル136Hz」,136先生會將錄音原檔放在那裡,還有Youtube頻道開設前的作品,若想聽聽看15年前136先生的聲音、風格怎麼樣的朋友,不妨至此收聽。
    • 2015年頻道開設後的作品,就希望在Youtube上多多支持了喔。

  • 線上直播(生配信):
    • 內容:
      • 以穿插怪談&雜談的廣播(Radio)形式進行。
    • 特色:
      • 可以享受共讀的體驗及聽到136先生的即時感想。
      • 每次直播都會取一個耍帥的慶祝標題但偶爾也是真的有要慶祝的時候(笑) 雖說如此,普遍還是維持一般,頂多時間久一點,或連兩周直播,但正因這種穩定的步調,造就了能夠持續朗讀16年的紀錄,正所謂「不平凡的平凡」
    • 時間:
      • 不定期,但通常兩周一次在周六的晚間6時(台灣時間)進行3小時左右,中間(7時半左右)會有約15分鐘中場休息,雖然136先生常會提早回來聊天。確切日期還請關注136先生或彼岸先生的推特公告。
  • 會員限定直播(メンバーシップ):
    • 內容:錄音現場披露,或一些生活、怪談感想的雜談。
    • 時間:不定期,不過常會在直播節目的後一星期的周二,確切日期還請關注推特。
    • 會員費:象徵性的NTD 15元(JPY90元)/月,以Youtube頻道顯示為準。
  • 關於朗讀故事:
    • 現在基本上都是朗讀聽眾的投稿為主。
    • 投稿方式是直接DM彼岸先生或136先生推特(私訊)
    • 事先提醒,目前收到非常多稿件非常多,投稿”不一定”會朗讀到,136先生會在錄音/直播時隨機選擇看起來有意思的篇章朗讀
    • 朗讀都有得到朗讀許可,其中許多網路怪談系列也一應具全,如冒頭提到的「篠宮神社系列」*,亦有台灣PTT流行的「なつのさん系列」全篇,以及「師匠系列」幾乎全篇的作品朗讀。*篠宮神社系列的朗讀作品,目前第一部<上吊的小鎮>完結+番外篇連仔完結,正在連載<我再也進不了山裡的故事>。
    • 在下一個章節向大家推薦一些系列作品。
    • 頻道管理員彼岸先生每天都會不定時在推特上分享136先生的推薦朗讀,還有簡單的感想。
    • 136先生自己另外有個頻道,專門放怪談朗讀之外的影片,以及遊戲實況,最近在玩天命2(Destiny 2)這款作品,不定時實況。

現在チャンネルの活動モード

  • 大体、生配信と録音作品の二つで見えます。
  • 録音作品:
    • 早期の生配信(例えば2006年頃の)を切り抜いたものもあります。時間の長さ、シリーズ別で分類してプレイリストを作ります。
    • 今もほとんど毎週、136さんは新しい作品を読んで、彼岸さんに渡します。でもすぐアップされません、ご了承ください。
    • 「特選怖い話」では、136さんのコーナー「録音ファイル136Hz」があります。そちらもアップされます。Youtubeチャンネルの作る前の作品もあります。もし15年前の136さん/生配信を聴きたいなら、そちらで聴けます。
    • 新しい作品とか、できればYoutubeチャンネルのほうでよろしくお願いします。
  • 生配信(ラジオ):
    • 內容:雑談と怪談読み
    • 特徴:
      • 一緒に物語を楽しむ、感想を交わすこと
      • 毎回格好つけて○○○の記念と書かれるタイトルを作ります。本当に何かを記念する回もありますけれどもw
      • 時々記念とは言え、いつも通りの怪談朗読で行います。ただ、無理はしない、こういう穏やかなペースだからこそ、16年間ずっとやり続けるだと思われます。言わば「普通じゃない普通」ここで体現できます。
    • 時間:不定期。二週間に一回の場合は多い。通常土曜日の夜19時(日本時間)で行われ、常に3時間ほど。およそ20時半になると、15分間の休憩時間があります。136さんはいつも早めに戻ってきますけど。実際の配信時間は136さんか彼岸さんのツイッターまでチェックしてください。
  • メンバーシップ配信:
    • 內容:録音配信、136さんの朗読と読み方についての考え方を解説。
    • 時間:不定期。生配信の次の週で行う場合は多い。。実際の配信時間は136さんか彼岸さんのツイッターまでチェックしてください。
    • 会費:象徴的な日本円90円(ニュー台湾ドル15円)/月。※チャンネル表示される金額に準ずる。
  • お話について:
    • 今読んでるのはほとんどリクエストのお話です。
    • リクエストは、136さんか管理人の彼岸さんのツイッターまでDMください。
    • リクエストはたくさん来ますから、必ず読むとは言えません。録音か生配信の時、見て気になる話を適当に選んで読みます。ほぼランダムに見えます。
    • 朗読許可あり。台湾の掲示板PTTでも有名なネット怪談シリーズも沢山読みました。例えば、冒頭で書かれた「篠宮神社シリーズ」*や「なつのさんシリーズ」全編や「師匠シリーズ」ほぼ全編。。*篠宮神社シリーズ第一部の首くくりの町シリーズ(外伝含め)全編既読、第二部の<山に入れなくなった話>現在連載中。
    • 次の章で、いくつのシリーズをおすすめします。
    • 管理人の彼岸さんは毎日不定期におすすめの136さんの朗読を紹介します。
    • 136さんは他に自分のチャンネルがあります。怪談朗読以外の動画、ゲーム実況などが行われます。最近は主にデスティニーツー2(Destiny 2)というゲームをプレイします。

頻道文化

136-Team(?)

  • 經年累月的朗讀活動吸引了來自各大行業的形形色色的聽眾,除了有提供朗讀故事的作家,更有不少粉絲自發性地提供136先生各種資源,如:特選怖い話提供的網站空間、如月マロンさん提供的音樂素材、Ayanoさん提供的Horror風攝影照片*、松本ひで吉さん、ヨヨリさん提供的大頭貼、插畫,甚至有畫家為136先生製作LINE貼圖*、推出相關形象T恤、馬克杯周邊*,最近還有作家以136先生為原型創作的怪談篇章(笑),儼然成為一個136團隊。
    *最近的朗讀作品,偶爾跳回瀏覽器看,會發現畫面有變化喔,算是在不影響聆聽品質的一種小確幸吧。
    *LINE貼圖充滿各種136先生直播時的各種捏他。 https://store.line.me/stickershop/product/12353842/ja
    *136先生的周邊商品https://suzuri.jp/IsAM0136

捏他

  • 「阿渣斯」(あざす):十分感謝(ありがとうございます)說很快演變的略語。
  • 「並沒有罰金系統啦,但還是十分感謝」(罰金システムはないですけれどもあざす)」:觀眾自行創的梗,然後就被其他觀眾廣泛使用,直播遲到或早退,或莫名其妙就會安插「罰金」一詞在超級留言(SuperChat)中。當然,實際上真的沒有罰金系統喔!
  • 「注連繩」(ちゅうれんなわ)、「好好爺」(はおはおじい):早年唸錯的漢字也被拿來當成梗了。不過筆者初次看到也唸錯就是了。
  • 「我不是大叔」(おっちゃんじゃないです):從年輕時就被叫大叔,雖然差不多也到了大叔的歲數了,可是還是否定一下好了。
  • 「哈根達斯費」(ハーゲンダッツ代):出自136先生喜歡的甜點BJ4。
  • 「以上,就是名為,OO,的故事。」「以上、○○○という題名の話、で、ございました。」:136先生的口尾禪(?) 時間間隔、斷句其實是有講究的,該說是結束感之類的嗎,身受聽眾喜愛。
  • 筆者的小叮嚀:
    136先生並非專職Youtuber,只是秉持興趣、熱誠分享作品給大家聽,希望聽眾都能發揮您固有的高素養,切莫催更、謾罵,謝謝您的諒解。

チャンネル文化

136チーム結成(?

  • 長年のイベントで、各業界からの観客たちはここに集まり、お話を提供してる作者さんたちがいます。ほかにも、ネットスペースを提供してる特選怖い話さんとか、音楽素材を提供してる如月マロンさんとか、ホラー写真を提供してるAyanoさんとか*、イラストを提供してる松本ひで吉さんとヨヨリさんとか、皆さん自発的に自ら持つ技術/資源を提供してます。136グッズ*もLINEスタンプもあります*。最近、136さんのイメージを基づいて書かれた同人怪談まで出ましたwもはやチームと言っても過言ではありません。

    *最近、偶々ブラウザに戻ってみれば、象徴的なぐるぐるマークは動いた―だけでなく、雰囲気のある写真が現れますよ。
    *LINEスタッフ https://store.line.me/stickershop/product/12353842/ja
    *136グッズhttps://suzuri.jp/IsAM0136 

ネタ

  • 「あざす」:「ありがとうございます」と略した言い方。
  • 「罰金システムはないですけれどもあざす」:よくスーパーチャットでよく見えます。ファンたちが洒落で「○○罰金」と書いてます。もちろん、本当は本当に罰金システムはありません。このどき、136さんのセリフです。
  • 「注連縄」(ちゅうれんなわ)、「好好爺」(はおはおじい):かなり早期で読み間違えた漢字です。ネタになっちゃいました。自分初めて見た時も読み間違えましたけれど。
  • 「おっちゃんじゃないです」:若い頃からおっちゃんと呼ばれてます。いまはどうなるか分かりませんが、一応否定しましょう。
  • 「ハーゲンダッツ代」:スーパーチャットでよく見える136さんの好物です。
  • 「以上、○○○という題名の話、で、ございました。」:136さんの口癖、余白とか句読点とか実は妙なこだわりがあります。終わり感かなんというか、気に入る方は多い。
  • 注意するところ:136さんは趣味でユーチューブをやっています。専門のユーチューバーではありませんから、催促か悪口など、ご遠慮ください。

推薦系列怪談/連結

巢食者系列

  寄宿在B身上的不明超自然生物,有著非比尋常的力量,為了保護自己的巢穴(宿主),總是自動將身邊"壞東西"趕跑,意外使B成為不普通的普通人,而故事則是以圍繞B身邊的朋友視角出發,算是沒什麼飄點,意外有趣的怪談。
  • 筆者的小叮嚀:
    136先生並非專職Youtuber,只是秉持興趣、熱誠分享作品給大家聽,希望聽眾都能發揮您固有的高素養,切莫催更、謾罵,謝謝您的諒解。

おすすめ怪談シリーズまとめ/リンク

巣くうものシリーズ

 Bに宿った正体不明のナニかは自分の巣を守るため、自らBに近く霊的なものを追い払うことになります。しかも、それはかなりのパワーを持ち主でした。その結果、霊的なものは大抵それを避けることになりました。Bもおかげでまったく心霊体験ができませんでした。そうして、Bの周りの友達の視点から、物語は始まります。
  • 注意するところ:136さんは趣味でユーチューブをやっています。専門のユーチューバーではありませんから、催促か悪口など、ご遠慮ください。

なつのさん系列

  由K、S和主人公三位大學生的超自然探險故事組成,K是貨真價實的靈異迷,總是出餿主意的那個。靈異體質強;主人公則是那種既期待又怕受傷害、口嫌正直的類型,每每會跟著K行動。稍有靈異體質;S是現實主義者,會用理性分析所見,但也不是完全否定超自然現象,同時喜歡開車,所以總是負責當二人的司機。
  故事有恐怖的(如:同歸岬壓扁吊死鬼),也有從風俗習慣出發的怪談(如:蝮蝂岩河童水井),還有人比鬼恐怖的(),甚至溫馨哀戚的故事(如:叩叩UFO與女孩 夏・冬)。

なつのさんシリーズ

K、Sと「僕」三人の大学生の心霊体験であります。
  • 僕:本作の主人公。少しだけ霊感があります。オカルト好きで、怖がってるのにいつもKについていきます。
  • K:正真正銘のオカルトマニアで、いつも心霊スポットの情報を手に入ったら、Sと僕を巻き込んでその場へと赴きます。霊感が強い;
  • S:現実主義者で、いつも冷静に周りの状況を分析し、問題を解決します。現実主義とはいえ、心霊現象を全然否定することではなさそうに見えます。そして、運転好きと言う理由で、お二人を心霊スポットへと送ります。
 怖い話(道連れ岬吊る這う轢かれる)、風習の話(おいぼ岩河童井戸)、”幽霊より人間が怖い”リアル怖い話(うじの話)、切ない話(ノックUFOと女の子 夏・冬)など様々な雰囲気を楽しめるシリーズ話であります。

師匠系列

 可以參考前幾篇的簡介,不過翻譯版和代理版書籍都沒出完,若能力夠了的時候,不妨從原文或136先生的朗讀那邊聽聽看後續的篇章,一切看似沒關聯的故事將由一條看不見的線串聯在一起。

師匠シリーズ

 前の記事でも紹介したシリーズです。しかし、翻訳版も台湾版の書籍(続編)も途中でなくなりますから、続きを知りたい方は原作のほうで、あるいは136さんのほうで聞いてみてください。話の進みと伴って、何もかも繋がりそうに見えます。136さんのほうは、ほぼ全編読みと書かれて全編じゃないこと、ご注意ください。

篠宮神社系列第一部:上吊的小鎮系列

篠宮神社シリーズ第一部:首くくりの町

寺院出身的Y先生系列

  由136先生的粉絲,現實日本住持Y先生所作的怪談故事合輯,從故事中亦可略窺不同行業(?)的樣貌,比起恐佈,用奇妙形容可能更為貼切。用字遣詞也相當淺白。

寺生まれのYさんシリーズ

 違う職業を覗き込む。リアル住職さんが書いた実話怪談です。
136さん「怖い話 怪談 朗読」チャンネル限定

くらげシリーズ

業務K先生系列

   淺白、真實而純粹的恐怖,由業務K先生所寫的故事合輯,地點經常發生在日本石川縣。有由日本竹書房怪談文庫書籍化的<闇塗怪談>系列書籍(已出版8集,僅日版)

営業のKさんシリーズ

 凄く分かりやすい言葉遣いで、純粋な怖さをイメージさせる「石川県の怖くない話」です。文庫本<闇塗怪談>は日本の出版社竹書房怪談文庫より書籍化されます(既刊8巻)

 自分にとって一番怖いイメージをさせたお話をいくつおすすめします :
 トンネルから出られない・・・・・。
 片町というところ。
 ソロキャンプ

參考文獻/連結

136先生的推特
彼岸先生的推特(Youtube頻道「怖い話 怪談 朗読」管理人)
136先生的線上直播(Youtube頻道「怖い話 怪談 朗読」)
136先生的直播、錄音紀錄(網站「特選怖い話」136先生的錄音作品特區「録音ファイル136Hz」)

參考資料/リンク

136さんのツイッター
彼岸さんのツイッター(Youtube ch「怖い話 怪談 朗読」管理人)
136さんの生配信(Youtube ch「怖い話 怪談 朗読」)
「特選怖い話」136さんのコーナー「録音ファイル136Hz」)

偷放一張訂閱十萬人突破時,自己畫的同人賀圖
さいごに自分が描いた136さんの同人イラストを挿します


作文:清輝(クレ・マサキ)
Written by Seiki (Kure Masaki)
2021.10.26-29(YYYY.MM.DD)
 

※本文統合自分享於巴哈姆特電玩資訊站-清輝的勇者小屋發表之文章

※この記事はサイト「巴哈姆特電玩資訊站」にて発表された記事のまとめです

Leave a Comment

發佈留言必須填寫的電子郵件地址不會公開。 必填欄位標示為 *

12 + six =

error: Content is protected !!